back number「MAGIC」は『本当のback numberを見せつけるアルバムだった』【アルバムレビュー】

自分が音楽と触れ合って来た過去を思い返した時に、歌詞から入って行ったことは明白であり、それだけではなく、メロディの良さを求めていたのだろうというのは後になんとなく自覚していくのですが、しかし子供の頃のように、歌詞カードを見ながらアルバムを通して聴くというのは久しぶりのことでした。

それは「メロディの良さ」と「歌詞の素晴らしさ」。それと「歌詞とメロディのシンクロ率(歌詞とメロディの自然さを僕は勝手にこう呼んでいます)」が成せることだと思っているのですが、Mr.Children、BUMP OF CHICKEN、スピッツ以外だと僕の場合はback numberくらいしかいないと思います。最近のバンドだと特に。

back numberの魅力はやはりその類まれな歌詞だと思いますが、平易な言葉で表現されるその歌詞の裏で、アホみたいに美しいメロディがそれを後押ししていますからスッと耳から入って来て心に染み渡っていく。歌いたくなる。口ずさみたくなる。好きだわー。

正直に言いますと僕はアルバム「ラブストーリー」からのファンなので昔の曲とかそんなに詳しいわけではないのですが、ベストを聴いているとその美メロ作りの技量は「ラブストーリー」あたりからやはり上昇しているのを顕著に感じます。

そしてそれが集結するのがシングルでいうと「ヒロイン」のあたり。冒頭の情景描写ですっと心を掴んでサビの切ない、上がりそうで上がりきらないメロディで聴いてる人を苦しくさせる。それをサビ最後のファルセットで力なく発散させ、その後また上がりきらないメロディで苦しくさせる。小林武史さんのアレンジがそれをまたより強調させます。

しかしお茶の間にback numberが完全に浸透するのは「クリスマスソング」なのではないでしょうか。先の「ヒロイン」が「ラブストーリー」で上昇した美メロ作りの技量を集結させた曲だとすれば、この「クリスマスソング」はそれを爆発させた曲だと思っています。
特にサビの部分。しっかりサビでありながらサビの中にまたBメロを作って勢いをまた作っているような。すごいですよね。これぞポップソング。

ポップソング。つまり「みんなの歌」を作れるというのはすごい才能です。そうやってお茶の間に浸透していき、有名になったback numberですが、しかしそれは言ってみれば「商品」を作るということであり、自分の考えや思惑とはまた違った思考で考えなければならず、売れたことで生まれる虚像と合間って、自分自身が消費されていく感覚に襲われるものだと思います。

back numberもやはり、そうやって苦しんだ期間があったのではないでしょうか。

個人的には前回のアルバム「シャンデリア」には少し不満があった。

前回のアルバム「シャンデリア」は非常に素晴らしいアルバムです。

曲のクオリティも高く、ダイナミズムというか、曲のスケール感も上がっていて、今までなんども聴いて来ました。

しかしその裏で、世の中のback numberのイメージをただ体現しただけのアルバムのような気もしていて、どこか陽の部分だけを抽出しただけのアルバムであるように感じてしまうのです。

ちなみに僕の中でのポップソングとは、単に売れる曲を指しているのではなく、聴いている人の日常に入り込む曲のことを指しています。

そういう意味でこのアルバムは素晴らしく、聴く人の日常に入り込んで勇気付けたり、寄り添ってくれるアルバムだと思うのですが、back numberにはもうちょっと違う方向から寄り添う力もあると思っています。

それは例えば「ラブストーリー」に収録された「ネタンデルタール人」のような。嫉妬や束縛といった影の部分。それだけじゃなく半径3メートル以内で生まれる感情のようなものが、曲のダイナミズムに持って行かれて、アルバム「シャンデリア」では、少し薄れてしまっているように感じてしまったのです。

それは「みんなの歌」を作ることを目指したが故に自分を消してしまうから出てしまった結果なのかはわかりませんが。


恐らく変化の始まりは「ARTIST」なのではないか。

Sg「瞬き」が発売された時、カップリング曲である「ARTIST」のMVも一緒に公開されました。しかもback numberには珍しくMV全て通しでの公開です。

そしてその曲は売れたことに対する苦しみ、消耗を歌ったものでした。

有名になったアーティストが直面する苦しみ。求められるものと自分の表現したいもののギャップ。虚像。
この一文の中に期せずして孕んでしまっている「ありがち」というイメージ。しかしそんなクソみたいな浅はかな言葉では表現しきれない様々な感情をこの期間でアーティストは味わっていると思います。

その苦しみをカップリングという形であれ表現し、歌にすることを選んだback number。ここから今回のアルバム「MAGIC」の形。そしてこれからのback numberが始まったのだと思います。

レビュー

アルバム「MAGIC」の収録曲は以下の通りです。
編曲にback number以外の方が関わった場合その名前を記載しています。

1.最深部(新曲)
2.サマーワンダーランド
3.瞬き 編曲:back number & 小林武史
4.あかるいよるに (新曲)
5.ARTIST
6.オールドファッション 編曲:back number & 島田昌典
7.ロンリネス
8.雨と僕の話 (新曲)編曲:back number & 亀田誠治
9.エキシビジョンデスマッチ
10.monaural fantasy(新曲)
11.HAPPY BIRTHDAY 編曲:back number & 小林武史
12.大不正解 編曲:back number & 蔦谷好位置

もともとネガティブな感情を持ち放題だった清水依与吏さん。売れたからと言ってポジティブな面だけを表現するのではなく、もっと自分に正直に、素直に、心の「最深部」にある本当の感情を表に出していくことを決め、それを形にしていった。

もちろんそれだけじゃなく「サマーワンダーランド」のような身近な日常の場面を歌った曲もあり、アルバム「ラブストーリー」の、半径3メートル以内の曲が戻って来たのを感じます。しかもパワーアップして。

この曲、アルバムの2曲めにふさわしい、疾走感があって、個人的にすごい好きな曲です。

今回のアルバム「MAGIC」は「ラブストーリー」の持っていた身近さというか等身大感。そこに「シャンデリア」で手に入れたダイナミズム。曲のスケール感が加わったアルバムになっていると思います。

「オールドファッション」はスケールの大きな「光の街」だ。

「ラブストーリー」の収録している曲「光の街」。この曲が好きな人はかなり多いと思います。

日常の中に眩しく横たわっている素晴らしい瞬間をそのままパッケージしたような名曲。誰かと出会うことで日常が素晴らしく変化して見える。自分自身が変わっていく。僕も大好きな曲です。

Sgでも発売された「オールドファッション」。僕はこの曲をアルバムを買った帰り道、車で初めて通しで最後まで聴いたのですが、2番のBメロからサビにかけて、危うく事故りそうになりました。涙で。

表現していることは「光の街」とあまり変わらないのですが、そこに「ヒロイン」や「クリスマスソング」で手に入れたスケール感というかダイナミズムが加わっていてまた違った味わいがあります。

ポップソングの持っている、生きていること、出会い、そして別れていくことも肯定してくれる大好きな曲です。

「雨と僕の話」が個人的に1番好き。

言ってみれば「君がドアを閉めた後」のように別れを歌っているのですが、これもまたダイナミズムが加わっていて素晴らしい。

終わったのさただ 君と僕の話が エンドロールはない あるのは痛みだけ

切ない。

バンドっていいですよね。

ポップソングを歌っているシンガーソンングライターはもちろん例外もあるますが、一般的にあんまり変化して行かない。

でもバンドは単純に人数が多いからかわかりませんが、時を経て変化していく。進化していく。

back numberの曲は「シャンデリア」で手に入れたスケール感、ダイナミズムと、元々持っていた等身大感と言いますか、半径3メートル以内の歌を作る力。人間の影の部分もしっかりと歌う力とが合わさって、ポップソングの「普遍性」を持ち始めた。それを示すアルバムが今回の「MAGIC」というアルバムなんじゃないかと思います。

恐らくこの「MAGIC」っていうのは日常の中のMAGICな瞬間のことを指していて、その普遍的瞬間を描くこと、表現することを決めたからこそ、このタイトルにしたのではないかと、勝手に思っています。

少なくとも購入以来ヘビーローテーションでずっと聴いている僕の日常はMAGICがかかったように違う色で彩られっています。

また明日から仕事頑張れそうです。

読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい