iri「Shade」は『これから間違いなく注目されるであろうことを予感させるアルバム』だった。【アルバムレビュー】

「この人もっと注目されてもいいのになー」という感情は、音楽であれ映画であれ、そのジャンルを好きになって、広く深く知って行けば行く程に、世間や、場合によってはそのジャンルについて批評したりしてご飯を食べている人達と自分とのギャップみたいなものが生まれやすくなるために、少なからず自分の中に芽生えてしまうものだと思います。

僕はあまりそういうアーティストはいないのですが、唯一iriさんだけは「みんな早く気づいてくれー!」と思っているアーティストです。

今回はiriさんの魅力をアルバムレビューの前に書きたいと思います。

知ってるわ!という方は飛ばしてください。

かっこよすぎる低音ボイス!

僕がiriさんを知ったのはCDショップでバイトしていた時なのですが、それについては↓こちらでも紹介しています。

2019年はこいつらが来る!今年ブレイク間違いなしのアーティスト!!

名もないアーティストのデビューアルバムであそこまで驚いて好きになったのは後にも先にもiriさんだけです。

そのデビューアルバム「Groove it」の1曲目に収録されているのが↓「rhythm」です。

デビューアルバムでこのクオリティ。これで注目しない人がいるのか。

バイト中、店内で何かっつーとこのアルバムをかけていました。

この誰にも真似できない天性の歌声

そして作詞作曲も自分で行ってるってんですから、将来性を感じないわけがない。

作詞作曲も自分でしているが故の楽曲の表現力

曲を提供してもらっているシンガーの方。もしくは作詞だけをしているシンガーの方もいます。その方々を否定するつもりは全くありません。作詞作曲の両方ともしているシンガーの方がエライだとか、そんなよくわからない事も言うつもりはありません。

ただ、作詞作曲の両方ともしている方の歌は、その曲と歌とが間違いなく一体になっていて、その歌を素直に、しっかりと、間違いなく表現できているので、僕はそういう歌の方が好きです。(もちろん家入レオさんだとか、作曲をあまりしない方の曲も好きなものはたくさんあります。)

iriさんはどうやらアコースティックギターで音楽活動を始めたらしく、現在はもしかしたらトラックを先に作ってもらい、その上に作詞作曲をしているパターンもあるかもしれませんが、iriさんの声と、楽曲が非常によく合っていて、音楽であれなんであれ、芸術や文化と呼ばれるものは結局その人の人間性が表現されるものなんだと感じます。

会ったことはないのでわかりませんが、きっと芯のある強い人なんだなと、静かだけど内に秘めた炎がある方なんだなと。それは声だけでなく楽曲からも感じます。

楽曲から人間性を感じさせてくれる、素晴らしいシンガーソングライターだと思います。


アレンジにはそのアーティストのセンスが現れる

最近はバンドよりもソロアーティストの方がヒットを飛ばすことが多く、その代表として星野源くんや米津玄師くんやあいみょんさんなどが挙げられますが、そのアーティストの持っている才能を引き出してくれる経験と技術をもったサポートメンバーやプロデューサーなどの作家陣がいることが大きく関わっていると思います。

先ほど紹介しました「Groove it」もTokyo Recordingsやmabanua、水曜日のカンパネラのメンバーであるケンモチヒデフミなどがトラックメイクで参加しています。デビューアルバムですごい顔ぶれ。

しかしすごい人が参加すればいい楽曲が生まれるかといえば絶対にそうではなく、楽曲の方向性などはアーティストと一緒に作って行くものでないとそのアーティストが自分のものとして、素直に表現することは絶対にできず、聴いた時にアレンジと歌が分離した別物になってしまうと思います。

そして何より、聴いていて面白くない

「あー歌わされてんなー」とか「傀儡でしかないなー」とかがやっぱり滲み出てしまいます。

だからこそ、ソロアーティストはそのセンスというものがアレンジ面でとても重要で、ごまかしの効かない、音楽への愛のようなものの表現箇所だと思っています。(ちなみにそれをこれでもかと成功させているのは星野源くんだと思います。)

今までのiriさんのアルバムは「すごい人が参加しているからいいアルバム」というものでは決してなく、iriさんとアレンジャーの化学反応が引き起こされた非常に面白いアルバムになっています。

そしてそれは、今回のアルバム「Shade」も然りです。

レビュー

やっとレビューにやってきました。

そして今回もやはり、アレンジャーが本当にすごい。

1. Shade  produced by大沢伸一
2. Only One arranged by Yaffle(Tokyo Recordings)
3. Wonderland arranged by ESME MORI(Pistachio Studio)
4. Common arranged by STUTS
5. cake arranged by grooveman Spot
6. Flashlight produced by tofubeats
7. 飛行 arranged by Kan Sano
8. Sway arranged by Shingo.S
9. Peak arranged by ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)
10. Keep on trying  arranged by ESME MORI(Pistachio Studio)
11. mirror  arranged by 三浦淳悟(PETROLZ)、Kan Sano、澤村一平 & 隅垣元佐(SANABAGUN.)

タイトルトラックにもなっている↓「Shade」はなんと大沢伸一さんプロデュース!これがまたいい!!

シンプルなアレンジに低音ボイスがたまらない!

葛藤と未来に対するわずかな希望を、夜から明け方にかけて眠れずに登り始めようとしている朝日を感じながら、まだ暗い部屋の中、ベットで1人震えている若さと大人の間が表現されていて、夜道、空を見上げながら何度も聴いてしまいます。

「Only One」ではCM曲として使われていたらしく、地方に住んでいる僕には届かなかったのですが、少しずつ、みんなの生活に近づいているのではと思います。

この曲はサビのインパクトがなかなか素晴らしく、Sgとして覚えやすくキャッチーで、ソングライターとしてまた一つハードルを超えたなと感じました。

STUTSさんがアレンジを担当した「Common」ではラップも披露しているのですが、最初の「Shade」でも垣間見た韻の踏み方のウマさもiriさんの魅力です。決して「韻踏んだったでー」的なイヤらしさのない、リズムの気持ち良さを追求したが故の韻の踏み方が僕の好みです。

 

その他にもtofubeatsさんや、PETROLZの三浦淳悟さんが参加していたりとかなり多彩な方々が参加しています。

だからかわかりませんが、前回のアルバムよりもPOPで、聴きやすくなった印象を受けました。

そこにはiriさんのソングライティング力の向上もあるのかもしれませんが、しかし僕がとにかく言いたいのは、このアルバムの唯一の日本語タイトルの曲「飛行」がめちゃくちゃいい!ということです。

最近のCity POPですとかChill Out Musicの流行りのように、音楽にオサレが求められる兆しがだんだん主流に近づいて来ていると思います。

だからこそ音楽も空間的でフワフワしてキラキラしたものが求められている傾向にあると思います。

僕もそういう音楽は嫌いではなく、iriさんのセンスと歌声は特にそういう音楽にもってこいだと思いますが、iriさんの場合、それを歌として、しっかりと昇華できる力を持っていると思います。ただのオサレミュージックとして埋もれない力がiriさんにはあると思います。

シンプルでインパクトのあるサビを持ったバラードを聴いてみたい!

僕は歌もの大好きおじさんなんです。

そんなおじさんとしてはゼヒiriさんの低音を活かしながらもサビで大きく展開したインパクトのあるメロディの、そして最近の洋楽のようにシンプルなアレンジのバラードを聴いてみたいと思っています。勝手に。

今のところ若さ故の葛藤のような歌詞が多く、そこに非常に歌声があっていて素晴らしいのですが、そこにもう一つ引き出しを設けるとして、そんな音楽を期待してしまっています。何様なんでしょうね僕。

 

しかしどちらにしても今回のアルバム「Shade」は前回のアルバムよりPOPで、アンダーグラウンドからひょっこり顔を出しているのを感じました。

こんなにすごい才能を世の中が放って置くはずはなく、このアルバムを通して間違いなく2019年大きく飛躍を遂げるアーティストだと思います。

2019年。変わらず注目し続けたいと思います。

 

読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい