『これまでの日本映画とこれからの日本映画の形』白石和彌監督作品「孤狼の血」【レビュー(ネタバレなし)】

面白かったです。

予告を見ても分かる通り、過激で、ぶっ飛んでいて、そこに役者の演技も上乗せされて、重厚で見応え十分な作品に仕上がっています。

白石和彌監督については、注目はしていながらも作品については「凶悪」くらいしか観たことがなく。ただ、それも含めておそらくは昔の重厚な日本映画を意識した作品作りをしているのだろうなという印象と、日本でも有数の実力の持ち主だなという評価を持っています。

そんな白石監督の今回の作品「孤狼の血」は、「仁義なき戦い」などの日本の任侠物の名作を意識した作品作りになっています。

あらすじ

新米警察官である主人公日岡秀一(松坂桃李)はベテラン刑事の刑事二課主任・大上章吾(役所広司)巡査部長と組まされて暴力団の取り締まりを行うことに。舞台である広島では当時、「加古村組」と地元の「尾谷組」がにらみ合っていた。ある日、加古村組の関連企業の社員が行方不明になる。
行方不明になった社員の捜索を縦糸に、「加古村組」と「尾谷組」の抗争が絡み合い、少しづつ浮き彫りになって行く大上章吾巡査部長の正体。
『警察じゃけ、何をしてもええんじゃ』
日岡はそこで何を見て、何を決断するのか。


過激な描写が多いが、それだけが売りというわけではない。

確かに過激描写は多いです。

1番最初のシーンで豚が肛門からクソを出すのを正面から撮っていたりと。生首や暴力シーンは当たり前にあります。予告でもそこを取り上げて『タブーがないのがすごいんだ!』みたいにしてますが、別に過激描写があるからこの映画は面白いわけではないです。

普通に話として面白いです。

ただ、最初の方は大上巡査部長(役所広司)がいかに破天荒な警察官で、「こいつどんなやつやねん」というのを見せる形で話が進んでいきます。そこは少し退屈かもしれません。それが終わった後半はなかなか来るものがありました。

そして、映画全体の持っている熱量ですかね。話というよりもその熱量を観せられているような。

すごいですよね。熱量を映像としてパッケージできるんですから。

古舘伊知郎の『アウトレイジに対する東映の答えですね。』はお門違い。

僕が古舘さんをあまり好きではないというのが大いにあるとは思います。古舘さんは勝手に物事を解釈して処理してしまいますし、対立構造というわかりやすいものを使えば相手にインパクトを持って伝えられますからね。プロレスの実況をやっていただけあってそういうのがとても得意なんだと思います。

そもそも「孤狼の血」と「アウトレイジ」では同じ任侠モノでも核の部分で表現しているものが違います。それが何かというのはせっかく言葉で表現できないものを芸術や文化を使って表現した作品に対して失礼だと思います。という逃げ方をして解説は避けさせていただきます。

ただ、監督の演出力という意味では白石監督の判定負けかもしれません。

先ほども書きましたがこの映画は過激な描写が多々あります。生首も出てきます。ただそれがどこか『記号としてしか存在していない』と感じてしまう部分があります。

それに比べてたけし映画はしっかりと痛いんですよね。実はそんなに映像的にグロいものというのはたけし映画はそんなにないと僕は思っています。全部の作品をしっかりと観たわけではないのですが。

その痛さの秘密はいろいろあるかと思いますが、一つはリアクションだと僕は考えています。

暴力を受ける本人のリアクションや、そのシーンを撮ることはなくても周囲のリアクションをしっかりと撮っている。場合によっては暴力を振る側のそのあとのリアクションも。

その丁寧さが理由の一つだと思います。

その他にも鋭すぎる起承転結などありますが、そこはたけし映画特集の時にでも書こうかと思います。

しかし何より経験の量が違いますからね白石監督とたけしさんでは。白石監督も映像から伝わって来る熱量や、「凶悪」の時に感じた冷たさなど、情緒的な部分を映像として伝えるのがとてもうまいと思います。

そしてそれは「孤狼の血」や「凶悪」もそうですが、一つ間違えると単なる見世物小屋のようなチープなエンターテイメントに感情を乗せ、情緒的な奥行きを観ている人に伝えることができる類まれな技術だと思います。

日本映画界が絶対に手放してはいけない才能を持った、宝だと思います。

役所広司さんもいいけど松坂桃李さんもめちゃくちゃ良い。

役所広司さんの怪演がフィーチャーされがちですけど、役所広司さんが素晴らしいのはまあ『当たり前』のものとして、松坂桃李さんの演技がとても良かったです。

↓の記事の「日本のいちばん長い日」の箇所でも少し触れていますが、非常素晴らしい実力を持った俳優さんだなと思います。

この演技やべー!!!!俳優たちの迫真の演技が観れる映画5選(邦画編)【映画まとめ】

狂気が生まれた時の表情がすごい好きなんです。

例えば山田孝之さんのように『生まれも育ちもマジでヤーベーやつ』の感じとはまた違った

『育ちはいいんだけど狂信的な何かによって生まれた狂気の表情』

ですとか、『普通の人』の中から滲み出て来る本当の狂気を表せるのは松坂桃李さん以外にいないと思います。

個人的には「凶悪」の方が面白かった。

過去の作品と比べられ続けるというのは非常に酷なことだと思いますが、あまりにも「凶悪」がよすぎたので。

凶悪につきましては↓でレビューしてますので、よろしければご覧ください。

『観終わってからしばらく立てませんでした。』-白石和彌監督作品「凶悪」【レビュー(ネタバレなし)】

やはり過去の作品が良いとそれと同様な方向性のものを求められる節があるのかと思います。そんな中で監督の作りたいものと、制作側の要求と、社会の求めているものとが合致する作品が生まれたらいいなと思います。これだけ素晴らしい実力を持った監督さんなので。

そういう意味では「凪待ち」非常に期待している作品でもあります。まだ観ていませんので、観たらまた感想を書きたいと思います。

これまでの日本映画を意識することで、今の日本映画が無くしてしまったものをあぶり出し、補強し、これからの日本映画へと昇華していく。そんな作品をこれからも世に送り出していくのではないかと思い 、とても楽しみにしています。

読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい