「グランド・イリュージョン」を観て『やっぱり最高のエンタメは人間だ』と思った。

まずは予告編ご覧ください。

どーですかこの予告。えー面白そう。

ええ。面白いです。でもまあ、可もなく不可もなくです。
星でいうと3くらい(5個最高ね)。観た後なんも残らないし、主人公がどんなやつかもよくわからない。
趣味に合わないと言ってしまえばそれまでかもしれませんが。

企画物アクション(この言葉が適当かわかりませんが)が好きな方にはおすすめですね。

グランドどんな話?

4人のスーパーイリュージョニストグループ”フォー・ホースメン”。彼らはラスベガスでショーをしながら遠く離れたパリの銀行から金を奪い、観客を驚かせた。このことでFBIとインターポールから追われることになったホースメンたち。しかし彼らは誰よりも上をいっていた…。 彼らはどうやって金を盗んだのか? 彼らの目的はいったい何なのか?最後のショーが終わるとき、すべてのトリックが暴かれる。 驚愕の映像トリックのイリュージョンと、予測できないストーリートリック、そして痛快なエンディングが待ち受けるエンターテイメント大作!

とまあYouTubeの下にあったあらすじをそのまま書きました。

グランドアクションは素晴らしい。そして最後のどんでん返しも。

マジックですからね。そのイリュージョン的な部分を使ったトリックやアクションは素晴らしかったです。そして最後のどんでん返しというか、なんかそういうのは、オッてなりました。

でも所詮マジックと言うか。なんか追い詰められても結局なんとかなっちゃうんでしょ。イリュージョンで。ってなっちゃう。

あと最初の方から言えることですが、あのアメリカのみんなでワー!フー!なノリにオイオイってなって共感できない。

ただそういうのが好きな人にはオススメです。

グランドどうしたら良くなったか。

基本映画や作品はそれを生み出し、完成させるだけで素晴らしく、賞賛に値すると思っています。

なので批評とかはしたくないのですが、それでも僕は正直でありたいので、そうなってくると観たままの感想を書かざるを得ない。

じゃあ書かなければいいじゃん。という話なんですが、そうすると書くことがありませんし…と言うことで、ここではアドバイスを書いていこうかと思います。

誰に向けて偉そうに…!

グランド最高のエンタメは人間である。

主人公であるはずの4人について、全く掘り下げられていません。

視点は基本4人を追う警察官に向けられています。話の筋が4人を追って翻弄される刑事の葛藤になっている。

確かにイリュージョンするよりされる側の視点のほうが楽しそうっちゃあ楽しそうですが。でもそれはその時々で演出によって変えていけばいいだけの話で。
なので全体を通して誰がどんな信念で、なんでこんな事するのかに共感がない。

正直あの主人公の4人がどんなやつでどんな弱点を持っててそれをどう補って…みたいのが全く無い。人間関係も見えてこない。

ただ、話というか、企画の性質上しょうが無いのかなという感じもします。そこら辺は実際に話を練って、推敲していかないと実際の話しはわかりませんが…うーん…だから…もうちょっと違う構造で話を作れたかなという感じがします。

今の状況だとどちらかといえば警察物だし、でも題材的にはイリュージョン爽快強盗勧善懲悪だし。中途半端になってしまってますかね。

グランドオススメ他作品

4人ねー。4人が多いのかなーとも思ったんですが。でも「オーシャンズ11」なんかは11人ですからね。フィーチャーされるのは3人位ですけど。
でもしっかりオーシャンさん視点で話ができている。いい感じにスタイリッシュだし。ハラハラ・ドキドキ面白い。

やっぱりブラピかっこいいよねー

イリュージョンというか、手品系だと「プレステージ」なんか好きです。

もう完全エンタメ物じゃなくなってますけどね。

でも手品というものを軸にして、人間を描く。

こういうのが好きなんでしょうね。個人的に。

グランド続編もある

続編もあります。

えー面白そう。

実はまだ観ていません。

でも敵が現れるわけですから、恐らく視点は主人公たちにあり、主人公たちの葛藤をもとに話を作っていそうですが。

雨止めるマジックってどうやるんでしょうね。

観たらまた感想を書きたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい