是枝裕和監督作品「三度目の殺人」レビュー【ネタバレ解説】-『一方向からの価値観で判断してはいけない映画』

まずは予告編をご覧ください。

是枝裕和監督と福山雅治さんの2回目のタッグにして初のミステリー作品。

是枝監督作品大好きなんですが、なんか重い作品観れない期が襲ってきてまして、やっと観ました。

そして感想としては…まあうん。まあ。って感じですかね。

いやっ。作品としてはめちゃめちゃ良いです!素晴らしいです!これを無名の監督が撮っていたらもう…「なんじゃお前はーーーーーー!!」ってもう日本中…というか世界中が大騒ぎになりますよ。そんくらい素晴らしいです。

ただ是枝作品としては…もう少し欲しかったな…って感じですかね。

うん。いやっ、なんども言いますけどめちゃめちゃ素晴らしい作品なんですよ。ただ、他の是枝作品が良すぎるだけなので、それと比べると劣るなって感じです。

以下でレビュー的なものを書いていきます。

あらすじ

主人公は福山雅治さん演じる一流弁護士。殺人の罪で起訴された役所広司演じる殺人犯の弁護を頼まれます。しかし証言がコロコロ変わる殺人犯役所広司。
彼はなぜ殺人を犯したのか。真実はどこにあるのか。そして正義とは。

素晴らしい物語のあらすじを説明しようとするとき、言葉はあまりにも無力です。

予告編を観ても分かる通り、この物語は非常にシンプルです。それはこの映画を含めた素晴らしい物語のあらすじが基本シンプルであるのと同様に。

しかし表現されているものはあまりにも複雑です。それは今の現代社会が複雑であり、人生が複雑であり、人間自体が複雑であるからだとも言えるかもしれません。

三度目の殺人って?

ここから先は若干のネタバレも含みますので、そのつもりでお願いします。

「三度目の殺人」タイトルではそう言っていますが、殺人犯である役所広司は2度目の殺人で逮捕されています。そしてそれは映画の終わりまで変わらない。

ではなぜ「三度目の殺人」なのか。

死刑です。

役所広司への死刑。これが「三度目の殺人」なのです。

では、この作品が単に死刑について考えて欲しくて作られたものなのか。

僕はそうではないと考えます。そして、その部分にこの作品の素晴らしさがあると思っています。

レビュー

おそらく始まりであり、話の幹として死刑を取り上げ、是枝監督が作っていったのは確かだと思います。

しかし言って見ればそれはメタファーと言えて、大きく言えばそれを通して見える現代社会の矛盾を表したかったんだと思います。

殺人犯である役所広司は「裁き」として殺人を犯しました。

「生まれてこない方が良かった人間は確かにこの世にいる」とさえ言いました。だから殺したんです。

これって死刑ですよね。

そしてその死刑を行った殺人犯が国によって死刑に処されるという矛盾。

片方の死刑は許されず、片方の死刑は正義の名の下に許されている。違いはなんだろう。

そしてその裁判は余りにも流れ作業に近く、事務的で、真実ではなく、勝つことが優先される。

世の中の秩序を作っているはずの法律。その矛盾を提示することで社会の見え方を少し変えたかったんじゃないかと思います。

まとめ

映画に芸術性とかいる?死刑反対とかそんなもんテーマにした映画みたくないわ。楽しけりゃ良いじゃん。

それも真実だと思います。

ただ、死刑を含め、社会の多角的な見方が必要な複雑な現代社会の中で、一方的な見方でこの映画を判断してしまうのはもったいないかと思います。

是枝作品が初めての方にはオススメしにくい作品ではありますが、しかし素晴らしい作品であることは確かです。

でも、それだけのインパクトというか衝撃でいうと「凶悪」の方が優れていたかと思います。求めるものにもよるかもしれませんが。

やっぱり現実はフィクションに勝てないというのもあるかもしれませんし…少しファンタジックすぎたのかな…特に裁判所のセットのなんか神聖感とか…少し現実離れしていたかもしれません。

 

しかし是枝監督が凄い監督であることは確かです。これは間違いない。

読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい