『進化の姿を見せつけるモンスターバンドの姿がそこにあった』-Mr.Children「Tour 18-19 重力と呼吸」【レビュー】

ここ最近Mr.Childrenの最新アルバムである「重力と呼吸」をヘビロテで聴いています。

僕はMr.Childrenの大ファンではあるのですが、正直発売当初はそんなにハマったわけではないんです。

その思いは↓にも書いてありますが、変化し、進化していくことはミュージシャンにとってとても重要ですし、そういうミュージシャンの方が僕は好きですし、何よりも面白い。ただ、変化したのちのものが自分の生活に溶け込んでいくまでに時間がかかります。恐らく、僕はそんなタイプなんだと思います。

『俺たちMr.Children!』-Mr.Children「重力と呼吸」【アルバムレビュー】

しかし、ここ最近それが生活に溶け込んできたからなのか、まーずっと聴いています。

↑のレビューにも書いたことをそのまま引用しますが、

しかし一度このアルバムを聴いてしまうともう他のアルバムでは物足りなくなってしまう。ミスチルのアルバムだけでなく、他のアーティストのアルバムも含め。
それもまた事実です。

まさにこの状態です。

その生活への浸透を早めたのは「Tour 18-19 重力と呼吸」のライブDVDを見たからかもしれません。

少し長くはなりますが、Mr.Childrenのライブの歴史を僕が知る限りで「シフクノオト」以降になりますが、振り返ってみたいと思います。

もともとミスチルはライブが得意ではなかった。

僕自身ずっと貧乏生活をしていたのでミスチルのライブに行ったこともなければライブDVDもあまり買ったことがなく「Tour I LOVE U」以来久しぶりに買いました。それ以外はYouTubeでなんとか満足していました。

だからしっかりと観て感想を持っている訳ではないのですが、それでも明らかに今回の「Tour 18-19 重力と呼吸」はミスチルの進化を目撃できるライブだと言えます。

そもそもミスチルはレコーディングが大好きな人たちで、ライブ自体はそんなに得意、かつ好きではないミュージシャンでした。

それが変わって行ったのは確か「シフクノオト」前後。ライブにイヤモニを導入したことがきっかけだと当時インタビューで言っていたのを記憶しています。

それぞれの音がイヤホンから聞こえてきて、まるでレコーディングをしている時と同じような感覚になったのが楽しかったと言っていたのを記憶しています。

そこから「I LOVE U」「HOME」とアルバムを制作していく中でツアーを行い、その間、「ap bank fes」の開催や、アルバム「HOME」の制作時にはthe pillowsとの対バンツアーも行いました。その対バンツアーはライブハウスで行われ、『あのミスチルがライブハウスで!?』と驚いたのを覚えています。

一つの到達点を迎える「SUPERMARKET FANTASY」

そして音楽的にも一つの到達点であり、変革点でもある名盤「SUPERMARKET FANTASY」が発売されます。

このアルバム自体、ネガティブなことにとらわれずに、ポジティブなことは本当は周りにあふれていることを気づかせてくれる、音楽が周りの景色を変えてくれる魔法のようなアルバムですが、まさにこのアルバムを提げて行われた「Mr.Children DOME TOUR 2009 SUPERMARKET FANTASY」は、それを体現したものになっていました。

しかし実は、最初からそのエンターテイメントの理想形のようなライブだった訳ではなく、その前には「Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜」があり、そこでどちらかと言えば割と手の届く広さのライブが行われ、そこでの溢れんばかりのエネルギーがどんどん醸成されていき、「ap bank fes ’09」を経て、DOMEの会場で爆発され、大きくもあり、小さくもある、ミスチルのライブの到達点へと至ったと僕は考えています。

ただ、消費されるということは覚悟の上で行ったとしても消耗していくものです。そして何より同じことをしていると飽きます。

ミスチルはこの後も変化をしていきますが、しかしアルバム含めその作品は常にライブを意識したものになっていきました。

到達点のその先と小林武史の離脱。

「SUPERMARKET FANTASY」の後、オリジナルアルバムとしては問題作「SENSE」があります。

問題作といってもその曲は開きながら閉じてるといいますか、かつての「深海」の時期ほど尖ったものにはなっていませんが、変わろうとする実験性とでもいいますか、ミスチルの到達点のその先を見つけ出そうともがいている様子が聴いていて浮かんできます。

しかし実は、この作品の前にもう一つ作品をリリースしています。それが「Split the Difference」という映像作品です。

「Split the Difference」その意味を調べると

(1) 差額の中間をとる.
(2) 〈双方が〉歩み寄る, 折れ合う, 妥協する.

という言葉が出てきます。

「これはスタジオライブなのか、公開録音なのか、でもそのちょうど真ん中だし。そういえばSplit the Differenceて言葉があったな。」

という感じで小林武史さんがつけたネーミングのようです。

もともと「スタジオライブレコーディング」をして作品を出すというのはツアー中に既にあり、それを具体化しようと試みる中で桜井さんから

「週末、自分たちの知人や友人を招き、曲を披露し、それをスタジオライブレコーディングする」

というアイデアが出てきます。

アイデアの出どころは「普段スタジオに顔を出さないスタッフがコントロールルームに顔を出すだけで楽しくやれた。調子が良かったりしたことからなんです。」とのことです。

これは今までショウとしての、エンターテイメントが溢れているようなライブをやってきた中で、日常の、気取らない、自分たちの楽しいと思えることことが観る人にとっても楽しいと思えるものであるようになってほしい。というような思いがあったのではないかと個人的に考えています。

そうしたライブと日常と、自らが自然に楽しむという試みを経る中で作られたアルバム「SENSE」。

このアルバムは、言葉は、歌詞は理解できなくても、なんとなく感覚で体感するもの。音楽の肉体感(?)がテーマになっています。

まさにTourで掴んだライブの到達点の輪郭をそのままアルバムに作品として落としこもうとする試みが感じられます。

このアルバム自体、プロモーションなど、非常に面白い試みをしているのですが、その解説はまたいつかの機会に。

そしてその後、20周年ベストやそのツアー。そしてアルバム「[(an imitation) blood orange]」のリリース、そのツアーを経て、長年Mr.Childrenのプロデュースをしてきた盟友小林武史さんが離脱をします。

これよりMr.Childrenはバンドとしての結束をより強めていきます。

アルバム「REFLECTION」による『再デビュー』

この「REFLECTION」というアルバム。今のミスチルとこれからのミスチルを形成する非常に重要なアルバムであり、「SENSE」で植えられた種が「REFLECTION」で芽を吹き、「重力と呼吸」で花をつけたと考えているのですが、それはそのうちに、アルバムレビューの際に書きたいと思います。

このアルバムでも「ライブ」というものがかなり重要な役割を担い、活動にもそれが表れています。

まずアルバムリリースの前にファンクラブツアーを行い、全国5ヶ所で未発表の曲を披露。そこでの感触を元にまた曲のアレンジを変えていく様子はアルバムに付いてきた特典DVDのドキュメンタリーからも確認できます。

そしてそのあとはファンクラブだけでなく一般の人も対象にしたいわゆるツアーで、アリーナ規模の会場、全国10ヶ所で計20公演行います。これもまだアルバムリリース前です。

これこそまさに「SENSE」の際に意識していた『言葉は、歌詞は理解できなくても、なんとなく感覚で体感するもの。音楽の肉体感(?)』のさらなる進化した形だと言えると思います。

そしてアルバムリリース後にツアー「Mr.Children Stadium Tour 2015 未完」を全国10ヶ所で行います。

しかし!それにとどまらずこの後さらにライブ「Mr.Children 2 マンライブ」を全国Zepp5ヶ所で行います。

Zeppでしかも2マンですよ!2マン!対バン相手は以下の通りです。

福岡公演:HEATWAVE
名古屋公演:くるり
大阪公演:エレファントカシマシ
札幌公演:小谷美紗子
東京公演:ASIAN KUNG-FU GENERATION

ちなみにこの後RADWIMPSとONE OK ROCKのライブの前座をしています。

なんねこれは。ヤバすぎる。

しかしZeppで2マン…前にもありました。そうです。アルバム「HOME」制作時のthe pillowsとの対バンツアーです。

実はこの時のthe pillowsとの対バンツアー、ミスチル本人たちにとっては惨敗の印象が強かったようです。確かにこのライブはアルバム「HOME」の初回限定版の特典映像に入っていますが、少しわかる気もします。ライブって難しいんですね。小さい箱は小さい箱用の盛り上げ方や盛り上がる曲があるのかわかりませんが。

まさにリベンジマッチの意味も込めて、この時の2マンは行われた部分もあるかもしれません。そして実際に観れたわけではないので確かかはわかりませんが、色々な方のレビューを読むとこの時の2マンはすごいことになっていたようです。まさにリベンジ成功ということです。

こうやってミスチルは自らの弱点や課題を見つけて、少しずつでも進化して行くんですね。すごい。

ヒカリノアトリエと25周年ドームツアー

弱点や課題という意味では、ホールツアーの経験の少なさも一つの課題でした。

きっかけはMステに出演した際にB’zの稲葉さんにホールの音響の良さなどを勧められたことだそうです。ミスチル自身も90年代、あまりに急激にスターになってしまい、ホールツアーの経験も少ないままにアリーナ、ドーム、スタジアムなどの大きな会場でのライブへと変わってしまい、間が抜けているなー的な感覚はあったようです。

また、25周年ではドームツアーを行うことは決まっていて、そこに向けて自分たちがいかに、言ってみれば体づくりをして行くのかということでホールツアーを行った部分もあるようです。

そしてそのツアーはミスチルだけでなく、ホーンなどのサポートメンバーを迎えて「ヒカリノアトリエ」という名のバンドとして行いました。そのサポートにはチャラン・ポ・ランタンでアコーディオンを弾いている小春さんがいたことも話題になりました。

しかしこのホールツアーの末に桜井さんから出た答えは『飽きた』と『向いてない』でした。

そもそも同じことをやっていると飽きるので、そういう意味でのホールツアーのやり方への『飽き』ということと、ホールツアーのあの形では、Mr.Childrenの良さを活かしきれない。特にドラムのJENさんを活かしきれない。という意味での『向いていない』ということでした。

そういった経験の末に出てきた楽曲が「himawari」です。

楽曲の中にある強くも悲しい感情というものがやはりあの激しいドラムと、歪んだギターと、力強く支えるベースのアレンジによってしか表現できず、『こういう曲を作ろう』と思って作ることはない人たちなので、アレンジは楽曲に引っ張られるようにして出来上がって行くものだとは思いますが、やはりそれもホールツアーを経てこそ出来上がってきたものだと思います。

そうやって、言ってみれば『基礎体力』をしっかりとつけ、また、全国を共に回ったヒカリノアトリエのメンバーたちも迎えて、自分たちの長所にも気づいたのちに満を持して行った25周年ドームツアーは、どこか余裕さえも感じられる、非常に素晴らしいものになりました。

しかしそんな中でも明らかに異彩を放ったのがやはり「himawari」です。

POPで、『みんなの歌』として聴く人の日常に寄り添ってきたMr.Childrenの、25年とは一味違う、静寂と激しさと冷たさと熱とを同時に存在させたような、これからを感じさせるものでした。

そして『進化』を見せつける「 Tour 18-19 重力と呼吸」

お待たせしてすいません。やっとディスクレビューです。

曲順は↓の通りです。

01 OPENING
02 SINGLES
03 Monster
04 himawari
05 幻聴
06 〈MC〉
07 HANABI
08 NOT FOUND
09 忘れ得ぬ人
10 〈MC〉
11 花 -Mémento-Mori-
12 addiction
13 Dance Dance Dance
14 ハル
15 and I love you
16 しるし
17 〈S.MC〉
18 海にて、心は裸になりたがる
19 擬態
20 Worlds end
21 〈MC〉
22 皮膚呼吸
23 here comes my love
24 風と星とメビウスの輪
25 〈MC〉
26 秋がくれた切符
27 〈S.MC〉
28 Your Song
29 END ROLL

まず最初に感じたのは会場の小ささです。

アリーナツアーであり、収録されたのは大阪城ホールですから小さいわけないんですよ。ただやっぱりミスチルにとっては小さく感じてしまう。それくらいでっかいバンドなんだということ感じました。

そしてもう一つ感じたのが桜井さん以外のメンバーの存在感です。

田原さんとナカケーさんの存在感

JENさんはその性格上例外になりますが、今までいい意味で桜井さんの影に隠れて、桜井さんを、歌を伝えることに徹底していたメンバーが、ここでは前面に立ち、お客さんを煽っています。

それがより顕著に出ているのが「Dance Dance Dance」です。

あの田原さんが前面にで客を煽っているんです!そして間奏以降はナカケーさんも前面に出ています!

今までももちろんなかった訳ではないです。ただ、今まではどこかクールに、という印象が強かった2人がこんなにも積極的に、笑顔をお客さんに振りまいているのはここ最近のことだと思います。

ちなみにベースの演奏含めて、ナカケーさんの活躍を顕著に見れるのは「海にて、心は裸になりたがる」です。

やはりこれを観ても小林武史さんが離脱して、「REFLECTION」「ヒカリノアトリエ」を経て、バンドとしていい形に昇華していっているのを感じます。最高です。

『歌』を前面に出す方向から『バンド』を見せる方向へ

基本的にライブDVDを観るときでもなるたけ最高の状態で楽しみたいので事前に曲順を調べたりは(なるべく)しないのですが、個人的に「SINGLES」が大好きでライブで観たいと思っていたので、それが1曲目なのはめちゃめちゃ嬉しかったです。

ただ意外だったのは「himawari」が前半、「OPENING」を抜かせば3曲目にもう披露されたことです。

「himawari」は今の時点でのミスチルの最新Sgであり、『今』と『これから』を指し示すとても重要な曲だと思っていました。

確かにいい曲であり重要な曲だあることは間違い無いのですが、もうすでにこの曲の指し示した『これから』の中にいるということだったんですね。もう2年前になるんですね。2年でこんなに変わるもんか…変わるのか…?変わるか。彼らは子供だし。

しかし本当にいい曲ですねー。

個人的にはMr.Childrenの歌を聴かせようとする試みはアルバム「HOME」で完成形となり、それ以降は音楽を『体感・体験』させる試みをしていると考えており、その媒体としてバンドという最適解を選び、4人が一丸となってライブやCDという形でお客さんを楽しませようとしている状態が今の状態だと考えてます。

「himawari」はどちらかと言えば歌を聴かせようとしている方に寄っていて、そのために鋭いストリングスなどがアレンジで入っていますが、よりシンプルに、4人だけの形により近づこうとして行っているのではないかなーとも思います。

ただもちろん歌を聴かせることの重要性も忘れている訳ではなく、そのバランスがうまい具合に形になったのが「here comes my love」だと思います。この曲もすごい好き!ライブ映えしますよねー

しかし「重力と呼吸」の曲が抜きん出ている!

曲順を改めて見てみると古い曲をあまりやっていないんですよね。25周年でやり尽くしたのもありますし、新しいMr.Childrenを魅せる試みもあったかと思いますが。

1番古い曲で「花 -Mémento-Mori-」です。

この曲の演出は花道にそれぞれが横に並んで立ち、後ろに幕が降りてきてスクリーンとして映像が投影されるというなかなか斬新な試みをしています。面白い。

そしてその後「addiction」へと向かい、それもまたメチャメチャいいんです。というかやっぱりこのライブでは「重力と呼吸」の曲が頭一つ抜きん出て良いです。「重力と呼吸」の曲が流れるとガラッと空気が変わりそっちの世界に持っていかれる。

ライブという舞台に立ってしまうとかつての名曲たちが霞んでしまう。それくらいにミスチルは進化しています。

もちろん過去の曲もいいんです。そしてそれらは若干ですがアレンジが変わっていて、ミキサーの手によるものなのかわかりませんが、リズム隊がメチャメチャどっしりとしていて、その上で歌やギターが自由に遊んでいる感じです。よくわからないですね。忘れてください。

演出という話では「ハル」の時にも少し凝った演出をしていて、観客の上に屋根から布を被せてそこに映像や照明を投影させます。『春の風』を視覚化しているわけですね。

そしてその布を準備している時にサポートの世武裕子さんの弾くピアノが素晴らしすぎる!

もともと世武裕子さんは映画音楽の製作もしている方なのでまー良い!素晴らしい!

というかやはりミスチルと世武裕子さんは相性がすごくいい気がします。

桜井さんの持つポップセンスと、田原さんのいぶし銀な職人的なこだわりのあるギターと、ナカケーさんの歌うベースと、JENさんのアホみたいな芯のあるドラムに、世武裕子さんのオルタナティブな音楽センスが加わって、丸い印象のあるMr.Childrenが内包している尖った部分を引き出してくれていると思っています。
(そして実は田原さんのギターは実はメチャメチャ変態的なオルタナティブなギターなのでそこの魅力も引き出してくれている…ような気もしています。)

進化のその先とロンドンレコーディング

アルバムがそうであるように、このライブの最後(アンコールを抜いて)も「皮膚呼吸」で終わっています。自分たちにはまだやりたいことがあって、年齢に関係なく何かを目指すことを肯定し、自分自身を励ますように歌っています。

夢破れた僕にとってはなんとも胸が詰まりますが、やはりそうやって変わり続けていく人を格好良く思います。

このディスクにはボーナスとして少しですが、台湾での講演のダイジェストが収録されています。

そしてこの後行われたドームツアーのレビューによれば、Mr.Childrenはこの後ロンドンでのレコーディングを行うということでした。

間違っていたら申し訳ないのですが、ミスチルが海外でレコーディングするのは恐らくアルバム「Q」以来なのではばいかと思います。しかも桜井さんは結構海外が嫌いでその時も帰りたい一心だったと何かで読んだ記憶があります。

ただ、20周年のベストが出た際に曲を海外でリマスタリングをした際には、その結果を聴いて1番喜んでいたのは桜井さんだと、小林武史さんが行っていた記憶があります。

やはり海外の技術に触れた時の喜びもあり、今回のロンドンレコーディングの理由の一つとなっているのでは無いかと思います。

しかしどちらにしても新しいことを始める彼らに対する、ワクワクと期待は、個人的により高まっていきます。

 

もう8000字近くなってしまいまして、長いことこの駄文にお付き合いいただきありがとうございます。

最後にこのアルバムの中でも最もシンプルで素晴らしいメロディで大好きな曲「Your Song」のライブVer.を置いていきます。

ついでにこちらのアルバムレビュー↓も読んでいただけると幸いです。

『俺たちMr.Children!』-Mr.Children「重力と呼吸」【アルバムレビュー】

駄文長文失礼いたしました。

最後まで読んでいただけた方、本当にありがとうございます。

あわせて読みたい