『空虚で意味のないように思える毎日でも、歩いて行ける勇気をくれる。』Mr.Children「重力と呼吸」収録曲「Your Song」に寄せて【レビュー】

超個人的な話ですが、最近、どうも生きていくことに空虚感を感じてしまうのです。

やりたいことで生きていくことを諦めて、一般的な生活を送ることを選択し、一般的な幸せを目指して生きて行こうと決めてから数年が経ちました。やりたくない仕事でも、生きていくためだと、周りの人の安心のためだと思ってなんとかやってきましたが、そんな毎日に、一言で言えば疲れてしまったのだと思います。

朝、通勤の車の中で、前日から聴いていたマイケル・ブーブレに気分が乗らず、なんとなくMr.Childrenの「重力と呼吸」にカーステレオを切り替えました。

 

アルバム「重力と呼吸」の一曲目「Your Song」。

ドラムのカウントから始まり、リフレインされるシンプルで力強いピアノのメロディー。そして響き渡る桜井さんの咆哮。

音楽の素晴らしさの一つは、その曲とともに、自分自身がその曲の世界観の中で開放されることだと思います。

僕はこの時、MVの影響か、立ち並ぶビルの中で『オーオー!』と叫んでいる自分を想像していました。…というのは今振り返ってみて思い出されるその時の自分を分析したものですが。

ただ、僕はこの時、イントロを聴いただけで目頭が熱くなり、同時に『あぁ…まぁ、頑張ってみるのも悪くはないか。』と、曲に背中を押されたのです。イントロを聴いただけで。

こんなにシンプルで力強くて優しい歌が他にあるだろうかと思います。

大袈裟ですが、Mr.Childrenと同じ時代に生きれてよかったとも思いました。

毎日に疲れて虚しさを感じている中で、日常に寄り添ってくれる音楽があって、本当によかった。

今まで、クズでダメダメな僕を、一歩ずつでも前に進めてくれているのは、Mr.Childrenの音楽と、身近な友達たちです。

すごいなぁ…本当に。

これからもまた、素晴らしい音楽を届けて欲しいなと思います。

 

疲れてるんでしょうね。完全な雑記です。こんなもの、読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい